ICカードで駅入場OKに 「タッチでエキナカ」3月開始 チャージ額から自動精算 JR東日本

期限は入場から2時間以内です。

2時間以内の入出場でサービス適用

Large 210119 jrdoor 01

拡大画像

在来線の駅構内に入場する際に交通系ICカードを利用できるサービス「タッチでエキナカ」が開始される(画像:PAKUTASO)。

 JR東日本は2021年3月13日(土)より、在来線の駅構内に入場する際に交通系ICカードを利用できるサービス「タッチでエキナカ」を開始します。

 サービスの対象エリアは首都圏、仙台圏、新潟圏のSuicaエリア。簡易型を除く在来線の自動改札機で利用できます。送迎やエキナカ施設での買い物など、同一駅の改札機を2時間以内に入出場した場合にサービスが適用されます。利用額は、電車特定区間の駅が140円、それ以外の駅が150円です。ICカードにチャージされた残額から自動的に精算されます。

 利用できるICカードは、Suica、PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、PiTaPa、nimoca、SUGOCA、はやかけんの10種類。モバイルSuica、Apple PayのSuicaも対象です。また仙台エリアでは、icscaも使えます。

「タッチでエキナカ」は、私鉄や地下鉄との乗換改札口など、一部対象外の駅やコーナーがあります。また新幹線改札内も対象外のため、従来通り入場券を購入する必要があります。

【了】

【路線図】「タッチでエキナカ」東京の利用可能エリアは?

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 今までICで間違えて入場したパターンでは有人ゲートでの取り消し処理(=無料で出られる)しかできませんでしたが、今後は問答無用で自動改札機で入場料引き去りになりますね。

    紙のきっぷと同じ扱いになるだけですが。

    • こんにちは。今まででしたら同一駅で出場しようとすれば改札機で止められていたのですね。有人改札(減らすつもりのようです)に行って入場後の時間があまり経っていなければ事情やむ無しとして取り消してくれるとの淡い期待(甘えと言えばそうです)が。でも間違えるぐらいの利用者はそこまで知恵が回らないかもしれませんね…