「ハイウェイラジオ」アプリで聞けます 「みちラジ」で自動通知 画面操作は一切不要

スマホアプリ「みちラジ」がスタート。

東名・中央道・圏央道などからスタート

Large 210127 nxccmichiradi 01
音声受信時の画面と交通情報のイメージ(画像:NEXCO中日本)。

 NEXCO中日本は2021年1月27日(水)、ハイウェイラジオで流れている交通情報をスマートフォン(スマホ)でも入手できるアプリ「みちラジ」を開発し、2月1日(月)から運用を開始すると発表しました。

 ハイウェイラジオは、高速道路の特定の区間でラジオをAM1620kHzに合わせると渋滞や事故、通行止めなどの情報を聞けるサービスです。今回登場する「みちラジ」は、スマホのGPS機能による位置情報をもとに、高速道路の情報が音声でプッシュ通知により提供されます。

 道路交通法により運転者が携帯電話を使うことは原則禁じられていますが、このアプリは出発前に起動すればバックグランドでも作動が続くため、走行中は画面操作が一切不要です。従来のハイウェイラジオは進行方向以外の情報も流れますが、「みちラジ」は進行方向に応じた情報のみが提供されます。日本語のほか、英語、中国語(簡体字)、韓国語にも対応しています。

 サービスは、東名高速の東京IC~御殿場IC間、新東名高速の海老名南JCT~伊勢原JCT間、中央道の高井戸IC~大月JCT間、圏央道の海老名南JCT~八王子JCT間で運用を開始し、NEXCO中日本管内全域に展開される予定です。

 アプリ「みちラジ」の価格は無料。動作推奨OSはiOS12以降(iPad不可)、AndroidOS8.0以降です。

【了】

【路線図】「みちラジ」情報提供の区間

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント