防犯カメラ デジタルサイネージ搭載の13000系36両導入 5000系置き換えで 京阪電鉄

オール5ドア車両もいよいよ引退が近づいてきました。

戸挟み検知装置も新設

Large 210128 toqpy 01
36両を導入予定の新型車両13000系電車(5次車)(画像:京阪電鉄)。

 京阪電鉄が2021年2月以降、新型車両13000系電車(5次車)を6編成36両導入します。5ドア車両である従来の5000系電車を順次置き換えるもので、6月ごろの完了を目指します。

 13000系はドアに戸挟み検知装置を新設。開閉時、センサーが傘などの挟み込みを検知し乗務員へ通知する機能を備えます。また京阪の通勤形車両としては初めて、車内防犯カメラを1両あたり3か所設置します。

 旅客サービスの面では、ドア上に広告用デジタルサイネージを1両あたり3か所設置。7両編成の車両についても、2022年度中に設置を完了する予定です。

 京阪電鉄は「より安心してお客さまにご乗車いただける環境の整備を目指すとともに、サービスの充実化を図ります」としています。

【了】

【写真】オール5ドア車両 置き換え予定の京阪5000系

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント