東京圏「本数僅少の長大路線バス」5選 1日2往復、1往復…激レア「週1」も

長い距離を走るバス路線のなかには、本数が極端に少ないものが全国的に存在します。東京やその近郊でも同様で、だんだんと本数が減り、いまや1日1往復、なかには「週イチ」という路線もあります。

乗るのが難しい…名物の長距離路線たち

 バス路線のなかには、本数が極端に少ないものも存在しますが、とりわけ運行コストのかかる長距離路線は近年、東京近郊でも減便の動きがあります。今回は東京近郊で、そのような「乗るのがやや難しい」長距離路線を5つ紹介します。

環七の「右上」走破 しかし本数僅少:東武バスセントラル「王30」

・区間:亀有駅北口~王子駅
・所要時間:45分

Large 210205 menkyoiji 01

拡大画像

王子の街を走る東武バスセントラルの車両。「王30」は東武バスで北区に乗り入れる唯一の系統(中島洋平撮影)。

 東京都内では葛飾区や足立区を営業エリアとする東武バスセントラルの一般路線で唯一、北区の王子駅まで乗り入れる系統です。亀有駅から環七通りを一路西へ、足立区内の環七を端から端まで走破する路線バスとしても唯一の存在。仮に環七を路線バスで走破する場合、この系統に乗れるかが、成功のカギを握るといえます。

 かつては都営バスとの共同運行でしたが、東武バス単独となったのちに減便され、現在は日中に2往復のみです。ちなみに、割増運賃の深夜バスとして王子駅から西新井駅西口行きも1本設定されていますが、2021年2月現在、緊急事態宣言の発出にともない運休しています。

【路線図】激レア長大路線5つの路線図

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

4件のコメント

  1. 神奈川中央交通の「淵24」も相模原市中央区淵野辺から川崎市多摩区登戸まで
    一週間に一度だけ運行されているバスもありますよね。

  2. 宿44系統もかつては1時間に1本あったので井の頭通り沿道民としては便利に使わせてもらっていたけれど、1日2本しかも決して便利とは言えない時間の運行にして免許維持路線にしたんだよな。
    利用者のほとんどがシルバーパス利用者で直接の収益につながらないからって露骨でヒドイと思いますね。
    シルバーパスは発行状況に応じて東京都からバス事業者へ一定額とはいえ支払いがされており、事実上の路線維持補助金として機能しているのに。
    このような路線切り捨てがバスがじり貧になる原因なんですよ。

  3. 全部、乗りに行きたい路線ですね。収束前に廃止にならないで欲しいと感じます。

  4. 「平44」「平45」は2/22改正から毎週土曜日運行に変わりました。ご注意を…
    今は二宮~押切を国道1号線で抜けるバスが無くなってしまっただけに貴重な路線。
    また国府津駅~小田原駅は同じ小田急グループである箱根登山バスの主要路線です。神奈中が中乗り前降り、箱根登山が前乗り前降りなので、神奈中が来ると乗車客に合わせやや前に停まるので、バス行きすぎた?と錯覚します。