米スーパーボウル オープニングで戦略爆撃機トリオ 会場上空をフライオーバー

アメリカの国民的イベント「スーパーボウル」ならでは。

国家的イベントにアメリカ空軍も全面協力

 日本時間2021年2月8日(現地時間2月7日)、フロリダ州タンパで開催されたアメリカンフットボールの祭典、「第55回スーパーボウル」のオープニングセレモニーにおいて、アメリカ空軍が運用する戦略爆撃機3機が、編隊組んで、会場上空をフライオーバー(航過飛行)しました。

 今回、スーパーボウルの会場となったのはタンパにあるレイモンド・ジェームス・スタジアム。オープニングセレモニーで、歌手のエリック・チャーチとジャズミン・サリヴァンが国歌を斉唱するなか、演奏の最後に花火が打ち上げられると、アメリカ空軍の戦略爆撃機が編隊を組んで飛んでいきました。

 フライオーバーしたのは、B-1「ランサー」、B-2「スピリット」、B-52「ストラトフォートレス」の各1機で、「アローヘッド」と呼ばれる矢じりの形をした編隊を組み、先頭中央にB-2、左翼側にB-52、右翼側にB-1が位置する状態を採っていました。

Large 210208 superbowl 01

拡大画像

フロリダ州タンパにあるレイモンド・ジェームス・スタジアムの上空を編隊飛行する3機の爆撃機。写真右からB-52、B-2、B-1の順で並んでいる(画像:アメリカ空軍)。

 なお、事前にアメリカ空軍がリリースした情報によると、B-1「ランサー」はアメリカ中西部サウスダコタ州にあるエルズワース空軍基地から、B-2「スピリット」は同中西部ミズーリ州にあるホワイトマン空軍基地から、B-52「ストラトフォートレス」はカナダと国境を面するノースダコタ州のマイノット空軍基地から、それぞれ飛来したといいます。

 アメリカ空軍は国内外の各種イベントなどで年間約1000機のフライオーバーを行っており、今回もその一環とのこと。加えてAFGSC(エアフォース・グローバル・ストライク・コマンド:地球規模攻撃軍団)司令官のティム・レイ大将は、今回のフライオーバーについて「このようなエキサイティングなイベントにおいて、我々の爆撃機の信頼性、柔軟性や高い飛行精度を披露できるのは嬉しい」とも語っています。

【了】

【写真】違うシチュエーションで飛ぶ3種の爆撃機編隊

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. ヤバイデンのビデオメッセージにブーイングが起きたそうだが

  2. アクロバットしている飛行機より迫力がありますね。
    日本なら、C-2,P-1,US-2の国産機でやってほしい。

  3. セレモニーで飛ぶっていうとブルーインパルスみたいのを想像しますが、
    戦略爆撃機だと絵面が凄い・・・