カナダ海軍トップを直撃! 現役司令官が語った海上自衛隊 アジア太平洋 新型コロナ

近年(2021年現在)、海上自衛隊との関係をより深めているカナダ海軍、その現役司令官(取材時)が海上自衛隊、アジア太平洋地域、コロナ下の活動などについて語ってくれました。

カナダ海軍にとっての海上自衛隊とは?

 2021年現在、日本は北朝鮮や中国という周辺国からの軍事的脅威に対して、従来の日米同盟のみならず、共通の価値観を持つそのほかの国々との連携を強化することによって対応しようとしています。そうした取り組みの下で、とくに海軍種間での協力関係が強まってきているのがカナダです。

 今回は、そのカナダ海軍の第36代司令官であるアート・マクドナルド提督に現状の認識や新型コロナウイルスに対するカナダ海軍の対応などについて聞きました。なお肩書は取材当時のもので、マクドナルド提督は2021年1月14日付で国防参謀総長(Chief of the Defence Staff。カナダ軍におけるいわゆる「制服組」のトップ)に就任しています。

Large 210128 rcn 01

拡大画像

カナダ海軍第36代司令官 アート・マクドナルド提督。2021年1月、国防参謀総長に就任した(画像:カナダ大使館)。

――近年、カナダ海軍は海上自衛隊との連携を強化していますが、マクドナルド提督は海上自衛隊をどのように見ておられますか?

 我々は、海上自衛隊とはKAEDEX(カエデックス。日加合同演習の名称で、カナダの国旗にあしらわれているメープルと日本語の楓をかけたもの)などで何度も緊密に協力してきましたが、その経験は常に建設的なものでした。彼らは非常にプロフェッショナルな組織であり、私たちは彼らと常に協力することを光栄に思い、最高の訓練を実施し、スキルを共有し、そして地域の海上の平和と安全の促進に努めています。

 ここで明言しておきたい重要な点は、ルールに基づく国際秩序の推進や多国間国際システムへの積極的な関与など、カナダと日本は多くの共通の価値観を持っているということです。カナダ海軍と海上自衛隊との友好的かつ発展中の関係は、まさしく両国間の活発な外交関係を反映しています。

――インド太平洋地域、とくに東シナ海および南シナ海において、ルールに基づく国際秩序に対する挑戦、および力による現状変更の試みが行われています。カナダはこの状況にどのように対応していくのでしょうか?

 カナダは、国際法の基本的な原則を遵守することを約束しています。これは私たちにとっては非常に重要なことで、何故なら私たちの共通の繁栄は開かれたシーレーンを基盤としており、海上自衛隊のようなパートナーと共に、カナダ海軍は海上の自由を維持する義務を果たしているためです。

【写真】カナダ艦艇に見た男子禁制「FEMALE HEADS」への扉

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント