仙台線だけじゃない 新幹線運休の助け船になった高速バス福島線「あぶくま号」に乗った

福島県沖を震源とする最大震度6強の地震が発生し、東北新幹線が足掛け11日間にわたり不通に。この際、福島の交通アクセスに重要な役割を果たしたのが、高速バス「あぶくま号」です。この臨時便に実際に乗車しました。

郡山駅新幹線改札は「立ち入り禁止テープ」

 2021年2月13日(土)夜、福島県沖を震源とする最大震度6強の地震が発生。東北新幹線が設備の被災により一部区間で運転見合わせとなり、関東と東北を結ぶ大動脈が足掛け11日間にわたり断たれました。

 その交通アクセスを守るべく、航空会社やバス会社が臨時便を設け、首都圏~東北の「足」確保に奔走します。とりわけ首都圏~仙台便は多数運行されましたが、福島県内と首都圏の足もしっかり確保されています。

 平時は新幹線で2時間弱の福島県郡山市と東京の場合、航空会社のANA(全日空)が定期便路線にはない羽田〜福島線の臨時便を期間限定で開設しました。そして陸路では、ANA便にあわせて福島空港と郡山駅を結ぶバスも運行されたほか、15日(月)から、ジェイアールバス東北とジェイアールバス関東、福島交通が共同運行する高速バス「あぶくま号」で、大幅増便するなどの対応が見られました。

Large 21027 abkm 01

拡大画像

郡山駅前で客扱い中の「あぶくま22号」(2021年2月19日、乗りものニュース編集部撮影)。

 今回、陸の“助け船”となったこの高速バスの臨時便へ、2月19日(金)に乗車しました。

 この日乗車したのは、郡山17時30分発、バスタ新宿21時48分着予定のあぶくま22号です。予約は出発の約1時間前に、電話で行いました。臨時便の東京行き最終となるこの便ですが、予約時点で、空席は16席とのこと。乗車料金は4300円でした。ちなみに、郡山駅周辺の様子は大きく変わったところはないものの、新幹線改札口には立ち入り禁止テープが貼られており、電光掲示板の表示もありませんでした。

【写真】「立ち入り禁止」テープ張られた郡山駅や車内…

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 私腹間違ってます。

    • ご指摘ありがとうございます。修正いたしました。

  2. 災害で不通になった新幹線の代替輸送に興味本位で利用するとか。
    あなた、常識ないですよね?
    人の立場になれませんか?
    ふざけてますね。
    記事の削除を願います。
    とても不快です