小田急の「ロマンスカーミュージアム」4月19日開業 当面は予約制

計11両が館内に並びます。

歴代ロマンスカー車両を展示

Large 210308 oerromancecarmuseum 01

拡大画像

「ロマンスカーミュージアム」館内イメージ(画像:小田急電鉄)。

 小田急電鉄は2021年3月8日(月)、建設を進めている屋内常設展示施設「ロマンスカーミュージアム」の開業日が4月19日(月)に決定したと発表しました。

 施設は海老名駅(神奈川県海老名市)の隣に開館します。建物は地上2階建で延床面積はおよそ4400平方ルートル。施設の企画・運営・デザインは「ホテルカンラ京都」や「キッザニア東京」などを手掛ける小田急グループのUDSが担います。

 コンセプトは「“子ども”も“大人”も楽しめる鉄道ミュージアム」です。1階は特急「ロマンスカー」の歴代車両を中心に、6種類計11両の鉄道車両を展示。2階は鉄道模型(HOゲージ)の「ジオラマパーク」をはじめ、運転シミュレータ「ロマンスカーアカデミアII」、カフェ「ROMANCECAR MUSEUM CLUBHOUSE(ロマンスカーミュージアムクラブハウス)」などが並びます。カフェは来館者をはじめ誰でも利用が可能です。屋上はテラスが設置されます。

 基本の営業時間は10時から18時(最終入館17時半)まで。入館料は中学生以上900円、小学生400円、3歳以上100円、3歳未満無料です。一部コンテンツは別途料金がかかります。開業から当面は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から入館は事前予約制となります。予約については3月26日(金)に告知される予定です。

【了】

【図】「ロマンスカーミュージアム」館内マップ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 1両分空きがあるのは、VSE早期引退用として、残したと考えるべきですかね?(VSE引退させたらしばらく引退なさそうですし、その後引退の時には、新館作ってもいい気もするような。)