東北の高速道路 宮城県内や海沿いを中心に通行止め続く 宮城県沖で地震【20日21時15分】

東北道、常磐道、三陸道などで通行止めが続いています。

東北道・磐越道の郡山JCT付近は通行止め解除

Large 210320 expway 01
地震は18時09分、宮城県沖で発生。マグニチュードは7.2、最大震度は5強を観測した(画像:気象庁)。

 2021年3月20日(土・祝)18時09分頃に宮城県沖で発生した強い地震の影響で、東北道は宮城県内の区間で、三陸道は仙台から気仙沼市内までと、岩手県内の一部区間で通行止めが続いています。20日21時15分現在の高速道路の通行止め区間は次のとおりです。

・東北道:白石IC~一関IC
・常磐道:広野IC~亘理IC
・仙台東部道路:亘理IC~仙台港北IC(全線)
・三陸道:仙台港北IC~気仙沼港IC、唐桑南IC→唐桑小原木IC、唐桑小原木IC→霧立トンネル出口、陸前高田長部IC~釜石唐丹IC
・山形道:村田JCT~宮城川崎IC
・仙台南部道路:仙台若林JCT→仙台南IC(全線)
・仙台北部道路:利府JCT~富谷IC(全線)

 なお、通行止めだった東北道の一関IC~平泉前沢IC間は20時15分に、山形道の宮城川崎IC~笹谷IC間は20時55分に、東北道の郡山IC~本宮IC間と磐越道の郡山東IC~磐梯熱海IC間は21時00分に、それぞれ上下線とも通行止めが解除されています。

【了】

【道路図】通行止め区間(20日21時15分現在)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント