世界最大の戦艦「大和」をコスパで考える 「バカ高い」「税金の無駄使い」は本当か?

「昭和三大馬鹿査定」の一つにも挙げられた世界最大の大和型戦艦は「高い買い物」だったのでしょうか。当時のほかの艦艇や航空機、空母と比較すると、戦艦「大和」「武蔵」の「コスパ」が見えてきます。

大和型戦艦は「安上がりな戦艦」?

 旧日本海軍の象徴とも言われる大和型戦艦。現在でも世界最大となる基準排水量6万4000tの巨体に、これまた世界最大となる46cm砲を主砲に備えた戦艦としても知られています。

 しかしそうした存在感もありながらも、太平洋戦争中に活躍できず沈んだ大和型戦艦「大和」「武蔵」の2隻は、多くの批判も受けました。1987(昭和62)年、当時の大蔵省の田谷廣明主計官は大和型戦艦を税金の無駄遣いである「昭和三大馬鹿査定」と断じ、「航空機時代の到来を見通せずに、大艦巨砲主義を固守した」と批判しているほどです。しかし大和型戦艦はそもそも“高い買い物”だったのでしょうか。

Large 210315 yamatogata 01

拡大画像

旧日本海軍が建造した世界最大の戦艦「大和」(画像:アメリカ海軍)。

 日本海軍は大和型戦艦を建造した第三次海軍軍備補充計画(マル3計画)で、大和型2隻に2億7102万円の予算を割いています。同じマル3計画で、翔鶴型空母2隻と航空隊整備に計2億4426万円を割いており、当時の海軍が航空機を軽視したわけでもないでしょう。大和型戦艦2隻の建造予算は、マル3計画全体の33%に達しますが、筆者(安藤昌季:乗りものライター)はその性能に対して安上がりな戦艦と感じます。

 マル3計画で大和型は、国家機密上の理由で3万5000t戦艦・1隻当たり1億793万円として予算請求されています。しかし実際は6万4000tで、1隻1億3551万円です。排水量は3万5000tから1.83倍の6万4000tに増えましたが、予算は1.26倍しか膨らんでいないということです。

 もし、大和型戦艦を取りやめて、他国と同等の3万5000t戦艦を多数建造しようとしても、大和型2隻の予算では3万5000t戦艦3隻を建造することはできません。そもそも1936(昭和11)年当時、戦艦や大型空母を建造できる施設は国内に4か所だけなので、大和型を取りやめても翔鶴型空母を取りやめない限りは、戦艦の建造数は増やせません。

 大和型戦艦の建造コンセプトは「圧倒的な質(高性能)の戦艦で、数に勝る米国に対抗する」というものですが、その方針は予算上からも、妥当なものと言えるでしょう。

【写真】呉で艤装中の戦艦「大和」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

8件のコメント

  1. 実際に有効に使えなかったのだから、やはりコスパ悪かったと思います。

    航空機の生産が出来たかは別としてもミッドウェーの様相を考えたら、翔鶴型があと2隻もあったら、もっと戦争の行方は変わったものになったように思います。

  2. ランニングコストで航空機は触れていますが戦艦には触れていません。特に主砲の砲身寿命のところ。射てば消耗します。予備がなければハリボテです。また、砲身と弾薬を作製する機械、前進拠点まで予備砲身と弾薬を運搬する専用船舶。空母の運用も上げて述べるなら戦艦も同様に述べるべきだったと思います。

    ただ、建造のみを考えると工程数は翔鶴より少なかったので費用は良かった(トン数対比は…?)と考えられます。
    結局のところ「大和型は無駄であった」は後付け理論ですが一部にあがる金剛型と同様に使用したらまた違う論争になったかもしれません

  3. 無駄遣いを防ぎたいのなら、戦争をしないことだ。 

    • それを言っちゃあ元も子もないよ

    • あちらさんが「する」と決断したら逃げ切れないものな、そんな状況で「しない」を貫けば一方的に虐殺(非戦闘員含む)されることが分かりきっているし。

  4. 海軍が軽視していたレーダーなどの科学技術をもっと重視していれば結果は少しは変わっていたのではないだろうか

  5. 真珠湾で戦艦から空母に主役を変えてしまうような攻撃なんてしなければコスパが悪いなんて言われなかった

  6. 1t当たりの建造単価のみでコスパ語るなら、A380は787やA350を上回る最もコスパの良い旅客機になる。
    座席あたりの燃費で見てもA380は、A330と777より燃費が良い。

    つまりA380は787A350より安くて777A330より燃費の良い最高の旅客機、とかいうクソガバガバ理論。