秘密だらけ大和型3番艦「信濃」の不運 WW2最大最強のはずの空母 なぜ22時間で沈んだ?

海自のいずも型ヘリ護衛艦が事実上の空母へ改造されることに決まりましたが、旧日本海軍では、建造中の戦艦が空母に改造されたこともあります。最大最強空母となるはずだった大和型3番艦「信濃」の、不運すぎる22時間を追います。

史上最大戦艦の3番艦は空母

 戦艦「大和」といえば、旧日本海軍のシンボルとして広く知られています。大和型2番艦である「武蔵」も有名です。しかし大和型3番艦「信濃」の名はあまり知られていません。戦艦として生まれながら途中で空母に転身し、1961(昭和36)年にアメリカ海軍の原子力空母「エンタープライズ」が登場するまでは、史上最大の排水量を誇った空母です。

Large 181225 shinano 01

拡大画像

秘密のベールに包まれた、旧日本海軍の空母「信濃」(画像:アメリカ国防総省)。

 強力な空母として期待されながら、竣工後わずか10日で戦闘も交えず沈められてしまいますが、なんと当時の日本海軍内でもこの大事件は知られていません。ほかの大和型戦艦と同様に建造が秘密であったこと、就役から沈没まであまりに短時間であったこと、沈没自体が秘密にされたことなど、とにかく秘密だらけだったのです。写真もほとんど残されていません。

「信濃」沈没に衝撃を受けた旧海軍が極秘にまとめた「S事件調査委員会報告」は、5冊だけ作成されましたが、終戦時にすべて焼却処分されてしまいました。誕生から沈没まで、「信濃」は謎のベールに包まれた艦です。

 太平洋戦争の開始を告げた1941(昭和16)年12月8日の「真珠湾攻撃」、その2日後の12月10日に発生した「マレー沖海戦」において、旧日本海軍は航空攻撃により戦艦を撃沈し、これからの海戦を決するのは戦艦兵力ではなく、航空兵力であることを実証しました。一方で巨大戦艦「大和」を12月16日に、「武蔵」を1942(昭和17)年8月6日にそれぞれ就役させました。大和型は全部で4隻(資料により5隻とも)が建造される計画で、3番艦「信濃」と4番艦(予定名称「紀伊」)まで建造が進められていたのです。

 1942年6月7日の「ミッドウエー海戦」で旧日本海軍は、主力空母「赤城」「加賀」「蒼龍」「飛龍」の4隻を一挙に失い、今度はアメリカ海軍が、海戦の主役は航空兵力であることを改めて示します。ここで旧日本海軍は、ようやく戦艦から航空機への力点変更を決心し、大和型戦艦で船体が7割方完成していた3番艦「信濃」を空母へ設計変更、四番艦については建造中止を決めます。「信濃」の就役は1944(昭和19)年12月末と計画されました。大和型の船体で作られる空母「信濃」は世界最大というだけでなく、防御力も戦艦並みに強固な世界最強の「重装甲空母」となることが期待されていました。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

12件のコメント

  1. 悔やまれますね…結局マンパワー及び工業力の差でことですね。

    • いや工業力関係なくないこれ…沈められたのは戦技的な問題では

  2. WW2は、戴けない。何でも洋語や略語を使い知的ぶるな。外国配信ならば兎も角、日本の事象を日本に配信するのであれば正規日本名称で報じるべきだ。こういうメディアの悪食姿勢が若年層に影響し、昨今の不明瞭な日本語の乱用に繋がって要るのをわきまえろ。

    • もともと大和型は速度が遅い。いくら飛行甲板が長いといっても信濃のスピードじゃ、30ノットは必要とされる空母には不向きだったんじゃないか?
      加えて当時は艦隊経験(空母への発着艦)のある搭乗員も機材も残り少なかった。
      停泊してても重油をがぶ飲みする巨大艦が沈んでホッとした関係者もいたんじゃないかな。

    • 言い回しが妙に古臭く、不必要に小難しく、漢字が無駄に多いのも「知的ぶる」文章の典型例なんじゃないかなぁ。
      そもそも「WW2」ひとつでよくもまぁここまで感情的に噛みつけるな。

  3. 最期の呉への回航はどうかと思う。制海権なき空母は意味がない。東京湾の一番対空銃火の密な場所においておとりにすべきだった。

  4. まだ艤装途中での移動でしたから水密区画も全く機能していなかったんでしょねぇ

  5. 多分船体自体を構成する金属が粗悪品だったので本来の強度がなかったような気がする。

  6. 乗組員が全員そろって乗り込んでおり、防水、排水活動をしていれば沈むことはなかったと考えられるが、回航のため必要最小限の人数しか乗り組んでおらず、排水が間に合わなかったことが沈没の最大原因であろう。

  7. 信濃はエンタープライズ(CVN-65)が登場するまでは、史上最大の排水量を誇った空母だった…。
    この話は子供の頃から聞いてきたけど本当なのかなぁ?

    そもそも完全艤装した大和型戦艦と空母の信濃とじゃあ排水量が全然違うような気がするんだけど…。
    重防御を施した飛行甲板を装備して…って話もあるけど、普通、船全体を装甲で覆うような事はしない(出来ない?)よなぁ?(重防御を謳う大和型戦艦も含めて上甲板部は殆どが木材。)

    本当は、米国のレキシントン級空母の方が(ワシントン海軍軍縮条約の手前、嘘をついている。)大きかったんじゃないかなぁ?
    実際、全長も全幅もあっちの方が大きいみたいだし。

    • 信濃の満載排水量を上回った空母はエンタープライズではなく、フォレスタル級(1955就役)。
      信濃=約72000トン
      フォレスタル=約80000トン
      信濃は先に就航した太鳳に次いで2番目に飛行甲板に重装甲を装備しています。
      ミッドウェイ海戦の教訓を活かした防御装甲で、大和のようなバカでかい艦橋や46センチ砲塔はないけど、全長210m、幅38mの範囲に渡って厚さ95mmの鋼板を敷き詰め、更に航空燃料タンクの防御の為にコンクリートが使用されてます。
      元々大和級よりはるかに小さい巡洋戦艦から改造されたレキシントン級(43000トン)と比べちゃ可哀想です。船体のキャパが小さいレキシントンに信濃の飛行甲板を載せたらトップヘビーで間違いなく転覆します。
      その代わり格納庫が小さく、搭載機数はサイズと比べて少ないです(47機)。
      当時のアメリカ海軍は大和級のようなパナマ運河を通過出来ないサイズの軍艦を建造していません。

  8. 普通は日本近海を航行するわけだからエアカバーが期待できる昼間を選択する。しかし当時あろうことか沿岸を航行する新造空母の護衛にさえ飛行機を出したがらなかった。
    護衛の駆逐艦長たちは全員昼間を進言した。アメリカの潜水艦は夜間用の潜望鏡を持っていなかったため実はほとんどの夜間攻撃は浮上して行われていた。にもかかわらず駆逐艦は潜水艦に圧倒的な苦手意識を持っていた。
    この時期はお粗末、情けないとしか言わざるを得ない…