西鉄バス100円運賃→150円に 割引サービスと不採算事業を徹底的に見直し

「かしいかえん」も閉園が決まりました。

バスの割引運賃サービスを大幅見直し

Large 210326 nisitetsu 01
西鉄バス(画像:写真AC)。

 西日本鉄道は2021年3月25日(木)、「“修正”第15次中期経営計画」を発表しました。新型コロナウイルスによる影響を受け、2018年度に策定した第15次中期経営計画を1年間延長し、2022年度までを対象としたものです。

 新型コロナで事業収益が大きく落ち込んだことを受け、西鉄は「再び成長軌道に向かう」べく、不採算事業の見直しなど「聖域なき構造改革とニューノーマル下での成長戦略を着実に推し進めてまいります」としています。

 その一環として、路線バスの各種割引サービスなどが、次の通り大幅に見直されます。変更日はいずれも2021年7月1日です。

●割引運賃
・福岡都心エリアなどで設定の「100円運賃」:150円に値上げ

●定期券サービス
・福岡都心100円エリアフリー定期券:販売終了
・ひるパスロング:販売終了
・グランドパス65:値上げ(3か月券で1700円増)
・おひるのグランドパス65:新設(10時~17時有効の商品)
・ひるパス:ニモカポイントサービス終了

●乗車券サービス
・福岡市内1日フリー乗車券:値上げ(900円→1000円)
・福岡市内+太宰府ライナーバス「旅人」1日フリー乗車券:値上げ(1500円→1600円)
・北九州都市圏1日フリー乗車券:値上げ(800円→1000円)
※いずれも紙券のみ値上げ。デジタル乗車券「スマ乗り放題」は変更なし。

 このほか、近距離利用者に対する新たなサービスとして、ニモカによる1停留所区間のバス利用に1乗車あたり50ニモカポイントを付与する「おとなりポイント」を試行導入します。

 一方で西鉄は、1956(昭和31)年に開園した「かしいかえん」を2021年12月30日で閉園し、跡地開発を検討するほか、一部ホテルの売却、不採算飲食店の閉鎖など進めます。

【了】

【画像】バス運賃100円→150円になるエリア

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント