「無人コンビニ」一気に拡大か JR東グループの技術を導入したファミマ 東京駅日本橋口に

JR東日本のグループ会社とファミリーマートが提携し、店員無人の「ファミマ!!」がオープンします。もともとJR東日本グループが駅ナカの売店で導入していましたが、ファミマがコンビニに本格展開しそうです。

無人レジでも現金対応の「実用店舗」

 ファミリーマートが2021年3月31日(水)、東京駅日本橋口のサピアタワー1階に、店員無人の「ファミマ!!サピアタワー/S(サテライト)店」をオープンします。開店に先立ち店内が報道陣へ公開されました。

 今回の店舗は、JR東日本スタートアップから派生した株式会社TOUCH TO GO(以下TTG、東京都港区)とファミリーマートの資本業務提携により、TTGの無人決済システムを活用しています。すでに高輪ゲートウェイ駅構内の売店のほか、目白駅構内の「紀ノ国屋」でTTGの技術を活用した無人店舗が展開されていますが、これをファミリーマートが導入することになりました。

Large 210330 famima 01

拡大画像

無人店舗としてオープンする「ファミマ!!サピアタワー/S店」(2021年3月30日、中島洋平撮影)。

 店内天井のいたるところに設置されたカメラ付きセンサーで人の入店を管理し、商品棚のセンサーで手に取った商品を認識、タッチパネル式のレジで商品を確認しつつ、出口では無人決済を行います。

 ファミリーマートによると、今後の展開を見据えた「実運用店舗」であるといい、入店の際の事前登録も不要で、通常店舗と同様の品揃えだそうです。遠隔での年齢確認システムを導入しており、酒類も販売します。

 こうした無人レジの場合、電子マネーしか利用できないケースがありますが、今回は現金にも対応。ファミリーマートの細見研介社長は「実用という意味では、ご利用の7~8割を占める現金のお客様への対応はマスト」と話します。

【ギャラリー】無人ファミマで買い物の一部始終

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. あの中で乗りものというとパレット載せて運ぶ台車? 

    #エープリルフール

    それはともかく、改装前からなのか目白の紀の国屋は客も無人のことが多い…