『エヴァ』もう一つの聖地・宇部新川駅 庵野作品に溢れる地元愛を体感 鉄道も見どころ

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:II」で、JR宇部線の宇部新川駅や山口県宇部市をモデルにした風景が登場し、話題となっています。宇部の街なかには様々な庵野作品のモチーフが見られるほか、駅としての魅力も多く秘めています。

すべてのエヴァンゲリオン、聖地・宇部新川で完結?

 2021年3月公開の映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版:II』。新型コロナウィルスの影響による延期もありましたが、もともとこの「完結編」は、2008(平成20)年頃に予定されていた公開が何度も順延されていたこともあり、作品の感想とともに「やっと見ることができた」との安堵に似た声も多く上がっています。

 そして、作中の重要な部分でJR宇部線の宇部新川駅が登場したことも話題に。同駅がある山口県宇部市はシリーズ総監督である庵野秀明さんの出身地ということもあり、市内には作品ゆかりのスポットが多くあります。作中で「第3新東京市」として登場する神奈川県の箱根などと同様に、作品ゆかりの地を巡る「聖地巡礼」のスポットとしても以前から知られた存在です。

 さっそく、同作品で登場した宇部新川駅構内のスポットを巡ってみましょう。

Large 210408 ube 01

拡大画像

宇部新川駅の1番・2番ホームの間にある通過線は、貨物輸送が多かった時代の名残でもある(宮武和多哉撮影)。

 現在多くのファンが探しているのは、一直線に伸びる線路の向こうに主人公・碇シンジが佇む劇場版ポスターと同じ構図ではないでしょうか。この場所であると推測される「松浜踏切」「小串通踏切」は宇部新川駅の南東側、ホーム端から300mほどのところにあります。

 映画公開期間中の駅構内では、作中でも流れる列車到着メロディ(JR西日本広島支社汎用のもの)に聴き入る人々や、登場人物が佇んだ3番ホームや陸橋につながる階段などで記念撮影をするカップルも多く見られます。

 もし駅を訪れた際は、作品の世界を楽しみつつ、余裕があれば頭上を見てみましょう。陸橋やホーム上屋の鉄骨として再利用されている古レールは明治時代に輸入されたもので、よく見るとドイツやベルギーの当時の製造業者のロゴが入っており、歴史的な観点から眺めるのも楽しそうです。

【写真】『エヴァ』に登場する宇部新川駅と宇部の街

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント