川崎重工が自転車? “前2輪”で電動アシストとフル電動の2種 クラファンで販売

売り方も新興メーカーっぽい……。

荷物もガッツリ載せられます!!

 川崎重工業は2021年5月12日(水)、新開発した電動3輪ビークル
「noslisu(ノスリス)」を、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて販売開始しました。

 ノスリスは前2輪でペダルが付いた自転車タイプの乗りもの。同社の社内公募制度「ビジネスアイディアチャレンジ」の第1号案件として選定したものだそうです。

 今回は、アクセルレバーを指で押すだけで走行する「フル電動」タイプ50台、モーターが漕ぐ力を補助する「電動アシスト自転車」タイプ50台を用意。いずれも、川重のバイクエンジニアが設計したものだといいます。

 前輪は動きや障害物に応じてタイヤがリーン(傾斜)するため、安定感は高いといいます。また前カゴも大きく、最大20kgまで積載可能。さらにスタンドなしで自立するため、載せ下ろしの際も安定するそうです。

 なお、フル電動タイプは道路交通法上、普通自動車に分類されるため、普通自動車免許が必要(道路運送法上は原付区分)だそうですが、ヘルメット着用は不要とのこと。ただし安全上、電動アシスト自転車タイプも着用が勧められています。

 ノスリスの価格は、フル電動タイプが税込32万円、電動アシスト自転車タイプが税込27万円です。

【了】

Large 210512 noslisu 01
川重が発売したノスリス(画像:川崎重工業)。

【自転車?バイク?】ユニーク乗りもの「ノスリス」写真で チェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 20年くらい前、某三菱重工も名古屋工場で電動アシストサイクル作ってた。
    …できが、まあ、その…なんだ…らしく取引先とかに、と…

    三菱が名古屋で造る定員1名の乗り物というネタとして、ちみっと欲しかったw