原付ナンバー隠せば「自転車」 道交法の扱い変える装置まもなく発売 法規制に一石

電動バイクの原付ナンバープレートを隠し、道路交通法上の取り扱いを変化、自転車帯や歩道も走れるようになる装置をglafitが間もなく発売します。電動モビリティの在り方に一石を投じることになりそうです。

モビリティカテゴリーチェンジャー略して「モビチェン」

 あるときは電動バイク、あるときは自転車、そのような乗りものの「道路交通法上の扱い」を一瞬で変える装置が、間もなく登場する見込みです。
 
 電動バイクや電動キックボードを製造販売するglafit(和歌山市)が、自転車タイプのペダル付き電動バイクに取り付け可能な「モビチェン(モビリティカテゴリーチェンジャー)」なる装置を、5月19日(水)、20日(木)に東京ドームプリズムホールで開催中の「バイシクルシティエキスポ」(ライジング出版主催)にて出展しています。

Large 210519 mobichen 01

拡大画像

原付のナンバープレート(左下)をワンタッチ動作で隠す「モビチェン」(中島洋平撮影)。

 モビチェンは、原付として登録される同社のペダル付き電動バイク「GFR」シリーズに取り付けるもので、かんたんにいうと「ナンバープレートを隠す」装置です。

 従来、GFRシリーズは電源OFFの自転車モードであったとしても、道交法上は原付のため、運転免許を携帯し、ヘルメット着用で車道を走行する必要がありました。モビチェンでナンバープレートを隠すことにより、道交法上も自転車として認められ、自転車通行帯や自転車が走行可能な歩道を走ることもできるようになるといいます。

「自転車モードで、車道から歩道側へちょっと逃れたいという場合にも、原付扱いなのでそれができない、といったユーザーの声を受けたものです。国の制度を活用して警察庁から認可を得ました」(glafit)

 これはあくまで、glafitのGFRシリーズ、最新モデル「GFR-02」向けとして発売されます。2020年11月の同モデル発表時にモビチェンの試作版も披露されましたが、今回、その量産版ができたというわけです。

 もちろん、このような装置は日本初のもの。モビチェンの発売と同時に警察庁からも、モビチェンを付けたGFR-02の取り扱いについて、全国の都道府県警察へ通達される見込みだそうです。

 つまり、当面は同社の同モデルのみの特例的な取り扱いになるわけですが、今後はどうなるのでしょうか。

【ナンバープレートにカバー】モビチェンの動作方法を写真でチェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

7件のコメント

  1. 道路交通法上の扱いは変えられても、駐輪場で揉め事になりそう

  2. 自転車は歩道を走ってはいけません。

  3. ナンバーを隠した所で電動自転車(アシストでは無い)は道路交通法上ナンバープレートの表示は義務であり隠して走行した場合違反になると思います。走行しなければ可
    電動自転車は50ccの原付バイクと同じ交通区分になるので歩道などを走行してはだめです。

    • だから警視庁と競技して法的にもバイモードにしたって書いてあるだろwちゃんと記事読めよw

    • >>Guest
      生き辛そうな人

    • Guest
      警察庁なwちゃんと記事読めよw勝手に競技してろよw
      ゲスト
      お前がどう解釈しようが、世の中は警察庁の解釈にしか興味がないさ。

  4. 原チャリを「自転車だから制限速度30kmな!」と言ったり「バイクだから車道だけ走れ」と言ったり忙しいことだな。