京成の成田アクセス特急用電車「昔の成田空港駅」に行く 芝山鉄道にも進入

成田スカイアクセス線の「アクセス特急」用として登場した京成3100形電車が客を乗せて、現在は使われていない「昔の成田空港駅」へ到着、そして発車するという珍しい出来事がありました。芝山鉄道線にも初めて顔を出しています。

ジェットエンジン音が響く駅へ

 2021年5月22日(土)、成田スカイアクセス線の「アクセス特急」用として2019年に登場した京成3100形電車が、通い慣れた空港第2ビル駅、成田空港駅ではなく、芝山鉄道の芝山千代田駅(千葉県芝山町)へ到着。ジェットエンジンの音が響く成田空港脇の同駅で、多くの人が普段現れない3100形電車へ向け、シャッター音を鳴らしました。

 これは、京成トラベルが開催したミステリーツアーのひとこま。約2.2倍の倍率で当選した170名の参加者が、3100形電車に乗って芝山千代田駅に到着しました。3100形電車が客を乗せて芝山鉄道線を走るのは、今回が初めてだそうです。

Large 210522 keisei 01

拡大画像

「昔の成田空港駅」で発車を待つ3100形電車(2021年5月22日、恵 知仁撮影)。

 行き止まりの芝山千代田駅に到着した3100形電車と参加者はその後、東成田駅へひと駅戻り、いったん下車。そして同駅から再び3100形電車に乗ったのですが、かなりレアな状況になりました。「昔の成田空港駅」からの発車になったのです。

 現在の成田空港駅と空港第2ビル駅は30年前、1991(平成3)年3月19日に開業し、京成電鉄とJR東日本が共用していますが、それ以前にも成田空港駅は存在していました。別の場所で。

【超懐かしい】いまも「昔の成田空港駅」に残る「初代スカイライナー」アイコン看板

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント