アルファード専用ゴミ箱 ジムニー専用ドリンク入れ… カー用品「車種専用」増えた理由

ドリンクホルダーやゴミ箱、トレイ類、サンバイザーに至るまで、特定の「車種専用」をうたうカー用品が増えています。汎用品ではないためユーザーが絞られますが、今後ますます「専用品」が主流になりそうです。

そんなものまで? 「車種専用」カー用品の世界

「アルファード/ヴェルファイア」専用ダストボックス、「ヤリス」専用サンバイザー、「ジムニー」専用ドリンクホルダー……カー用品店では2021年現在、このような「車種専用」商品のコーナーが一定の割合を占めるようになっています。

 一般的に、カー用品店で売られている商品といえば、多くの車種に取り付け可能な汎用品であり、車種専用品はディーラーオプションというイメージがあるかもしれません。

 汎用でないぶん、あえてユーザーの間口を狭めてしまいますが、オートバックスを展開するオートバックスセブン(東京都江東区)によると、「質感などを重視されるお客様に好評」とのこと。特に、ジムニー専用商品などはかなり売れているといいます。

 しかしながら、販売台数で見ればジムニーなどはそれほど多いわけではありません。専用品はどのような車種に設定され、どのようなニーズがあるのでしょうか。5月にカローラ専用ドリンクホルダーを販売するなど、ラインアップを拡げている用品メーカーのカーメイト(東京都豊島区)に話を聞きました。

Large 210526 senyo 01

拡大画像

カローラ専用ドリンクホルダーのイメージ(画像:カーメイト)。

――車種専用のアクセサリーを最初に打ち出したのは、何だったのでしょうか?

 2010(平成22)年のプリウスに設定した、コンソールボックスに取り付けるトレイなどです。当時のプリウスはシフトノブの下がデッドスペースになっており、ここにピタッとはまるドリンクホルダー付きのトレイは、いまも年間5000個売れているほか、海外からのニーズも多く、累計では16万個に上っています。

――専用の商品はどのような車種に多いのでしょうか?

 最初の頃は、販売台数が多いもの、たとえばプリウスやアルファード、ハイエースなどに設定する傾向でした。しかし近年はライバルも多くなったことから、販売台数よりも、用品を愛好いただける方が多い車種へ設定するようにしています。その代表がジムニーでしょう。内装の不満点を解決するような商品を打ち出しています。

【いろいろな「車種専用アクセサリー」を見る】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント