新幹線「はやぶさ」全ての1号車を「リモートワーク推奨車両」に 通話やウェブ会議OK

車内もいろいろ変わります。

新幹線オフィス実証実験第2弾

 JR東日本とJR北海道は2021年6月7日(月)、東北・北海道新幹線「はやぶさ」にて第2弾となる「新幹線オフィス」の実証実験を14日(月)から7月16日(金)まで(土休日除く)行うと発表しました。

 今回は、全ての「はやぶさ」(1日あたり上下計60本)の1号車を「リモートワーク推奨車両」とします。通常、新幹線の座席では携帯電話での通話などは「ご遠慮」となりますが、リモートワーク推進車両においては、座席でウェブ会議や携帯電話での通話も可能だといいます。

Large 210607 remote 01
新幹線「はやぶさ」(恵 知仁撮影)。

 また一部列車の一部区間では、リモートワーク推奨車両において、リモートワークを快適にするツールが提供されます。auのWi-Fiルーター、パナソニックの骨伝導ヘッドセット、エプソンのスマートグラスなどです。このほか、座席テーブルや座席間の間仕切りといった空間づくりについても、新たなツールが実験的に取り入れられます。

 さらに、新幹線降車後の移動を想定し、駅レンタカーでも車内で利用できるビジネスキットを、新幹線オフィスの利用者限定で無料貸出するそうです。

 なお、「リモートワーク推進車両」は追加料金なしで利用できますが、座席指定もできません。乗車後に別の席から移動し、空いていれば利用できます。なお、利用はA、C、E席が推奨されています。

 JR東日本とJR北海道は、「新幹線車内でのリモートワークの課題やニーズを調査し、得られた結果を新たな移動サービスの創出に活かすことで、空間を越えたあたらしい“くらし”の実現を目指します」としています。

※一部修正しました(6月7日16時44分)。

【了】

【無料体験できるグッズ類も注目!】リモートワーク推進車両の概要

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. ソレよりグランクラスをサービス無しでも良いから開けるべきでは。
    切符をNEWDAYSや駅弁屋に提示すれば、お好きなドリンクと駅弁に引き換えさせれば良いんじゃ無くないと思うがね。

    • それは、大いにアリかも。