新型も導入ほぼ確実? ランドクルーザーの特殊パトカーたち タフっていうかほぼ無敵!

覆面パトカー仕様のランドクルーザー

 ランドクルーザーは、覆面パトカーとしても多数使われています。代表的なのが、機動隊に配備されている「小型遊撃車」などです。「遊撃」とは状況に応じて臨機応変に動き回れるものという意味で、警察車両では機動力を有したクルマを指すことが多いです。

Large 210608 rancur 02

拡大画像

警視庁の遊撃警護車(柘植優介撮影)。

 遊撃車には、マイクロバスがベースの車両やワンボックス車を用いたものなど各種ありますが、ランドクルーザーは着脱式の赤色灯を装備するなどして、機動性と隠密性を兼ね備えた警備車両として用いられています。また車両によっては、防弾防爆加工が施された高い防御力を有するものもあります。

 ほかにも、要人警護に用いるための警護車(遊撃警護車含む)として調達されているほか、公安の捜査車両としても用いられるなど、運用の幅は意外と広いクルマです。

 万一の際、「壁」になりうる車体サイズと、高級感のある車格、そして高い機動性を有していることから、ランドクルーザー300系もそのうち配備されるのではないでしょうか。

 ちなみに大阪府警には、ランドクルーザープラドがベースの「地域遊撃車」という車両もあります。これは車をぶつけての逃走を防ぐために導入した車両で、逃走車があたってきても大丈夫なよう、フロントバンパーに大型のグリルガードを備えています。

【悪路走破性MAX!】日本にもあったキャタピラ駆動のランクルパトカー

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 昔の覆面パトカーは「8ナンバー」だったというのは本当ですか?