観覧車も「再就職」閉鎖の遊園地アトラクション第二の人生へ 今後が気になる「長老」も

遊園地の閉園が続くなか、役目を終えたアトラクションが別の地で「再就職」する事例も増えています。巨大な観覧車やジェットコースターも、お引越ししています。

観覧車もお引越し

 栃木県のテーマパーク、那須高原りんどう湖ファミリー牧場に2021年7月17日(土)、観覧車が新たにオープンします。55年以上の歴史で初となる観覧車だそうですが、実は、他の園から移設されたものです。

 もともとは、南海電鉄が2020年3月まで運営していた大阪府岬町の「みさき公園」内の遊園地にあったもの。観覧車本体やゴンドラなどを解体したうえ、栃木まで運んだのだといいます。

Large 210615 yugu 01
那須高原りんどう湖ファミリー牧場にオープンする観覧車のイメージ(画像:那須興業)。

「当園では現在、アトラクションの新規導入に力を入れており、みさき公園の遊園地閉鎖後、遊具の業者さんに『どうですか』とご紹介いただき、当園の新たなシンボルとして導入することにしました」(りんどう湖ファミリー牧場を運営する那須興業)

 解体して移設したとはいえ、観覧車の高さや大きさ、ゴンドラなども、みさき公園の当時のままだといいます。ただ外観の色については、「みさき公園当時のものはカラフルでしたが、景観に合わせて、若干シックな色に塗り直しています」とのこと。

 遊園地にある各種乗りものの中でも、大きい部類に入るであろう観覧車ですが、移設の事例は少なからず存在し、日本から海外に移設されて現役というものもあります。

 なお、りんどう湖ファミリー牧場には「もうひとつ、2021年3月に移設されたばかりのアトラクションもありますよ」と、那須興業が教えてくれました。

【元気です!】旧としまえんの乗りものたち、その後

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. Zoo の Choo Choo Train の MVに出てくるフライングカーペットは閉園より前に撤去解体されていたのですね…