クラウンのパトカー新型220系へ 従来型からエンジン変化 トランク容量不足どうクリア?

トヨタの新型クラウンパトカーが工場から出荷され始めました。現行モデルである220系クラウンがベースで、従来の210系クラウンパトカーとは大きく異なる点も。新型クラウンパトカーの概要を探ります。

220系クラウンパトカー 工場から出荷

 2021年6月、トヨタ220系「クラウン」のパトカー仕様が陸送されているところが目撃され、その様子がSNSなどにアップされました。よって、2021年(令和3)年度の警察庁予算で調達された、いわゆる国費調達分のパトカーはトヨタ220系クラウンがベースであることが確定しました。

Large 210617 220patocar 01

拡大画像

クラウンパトカーの赤色灯(柘植優介撮影)。

 すでにトヨタの公式WEBサイト内「車両レスキュー時の取扱い」というページのQRS(レスキュー時早見表)「パトロールカー」の項では、220系クラウンがベースのイラストに更新されるなどしており、220系クラウンのパトカー仕様が納入されることは濃厚でした。

 これにより、数年程度は220系クラウンがベースのパトカーが生産されるため、市販のクラウンがセダンではない、たとえばSUVスタイルの新モデルに更新されたとしても、クラウンのパトカー仕様についてはセダン型でしばらくのあいだ調達が続くのは間違いないでしょう。

 現行型の220系クラウンは2018年6月に発売されました。駆動方式は後輪駆動、いわゆるFRの2WDと、全輪駆動、すなわち4WDの2種類です。パワーユニットは排気量2000ccの直列4気筒ターボ・ガソリン、もしくは排気量2500ccまたは3500ccの2種類のガソリンエンジンに電気モーターを組み合わせたハイブリッドの計3種類が用意されています。

【マフラー4本出し】トヨタ公式HPの220系クラウンパトカー

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント