テロ警護のリアル! 五輪控え警視庁が大規模訓練 暴徒化した群衆制圧 銃弾の雨を走るSP

東京オリンピック・パラリンピックを控え、警視庁が大規模なテロ対策訓練を行いました。屋根の上で飛び跳ねる暴徒、狙撃を受け車内にねじこまれる要人…現実さながらの訓練は鬼気迫るものです。

東京五輪1か月前に鬼気迫る訓練

 東京オリンピック・パラリンピック開催目前の2021年6月22日(火)、警視庁がテロ対策訓練を、総合警備訓練場(江東区)で公開しました。

 訓練には機動隊や各警察署などから警察官約550人が参加。東京オリンピック・パラリンピックで想定されるテロ事案や要人襲撃を想定した場面が作り出され、それをいかに迅速に制圧するか、その対応にあたる部隊の状況が披露されました。

●クルマの上で飛び跳ねる群衆の末路

 最も印象的な訓練だったのは、第1、3、4、7の各機動隊が担当した「暴徒制圧」でした。想定としては、観戦後に試合結果を原因にしたケンカが勃発、それがきっかけで暴徒化した群衆を制圧するというものです。

Large 210623 kunren 01

拡大画像

黒塗りセダンを破壊した群衆に迫る機動隊(中島みなみ撮影)。

 白いトレーナーを着た“群衆”が、磨き上げられた黒塗りのマークXなど3台のクルマのボンネットやルーフの上で暴れる、棒でたたく、危険を感じた運転手が転げ出るようにして逃げる――破壊は徹底的で、見る間にクルマの形が変わっていきます。ちなみに、訓練に用いられたマークXは、耐用年数を超え使用されなくなった車両です。

 一方、制圧にあたる部隊はポリカーボネートの透明の盾を前にして暴徒を追い詰めます。いったんは投石(訓練では水の入ったペットボトル)を受け、じりじりと後退するものの、そのスキに暴徒の背後からも部隊が迫り、囲いこんで一網打尽にするという作戦です。白いトレーナーの群衆が、黒い出動服に身を包んだ機動隊員に、もみくちゃにされながら見えなくなっていく様子は、警察の制圧力を誇示するには十分なものでした。

【ド迫力】黒塗りセダンもボッコボコにする警視庁訓練をとくと見よ!(写真)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント