“さわやかマツダ”にイメチェン? 旧デミオの「マツダ2」改良 明るい特別仕様車

カワイイ路線のマツダってなんか斬新!

これまでにない明るい色が登場

 マツダは2021年6月24日(木)、コンパクトカー「マツダ2(旧デミオ)」を改良し、特別仕様車を追加発売しました。

 今回はエンジンや装備の改良、新外板色の追加を実施し、特別仕様車として「Sunlit Citrus(サンリット・シトラス)」を設定しています。

Large 210624 mazda 01

拡大画像

特別仕様車「サンリット・シトラス」。カラーはプラチナクォーツメタリック(画像:マツダ)。

 特別仕様車はシートやダッシュボード、ドアトリムには明るい色のスエード調人工皮革を使用、またシトラス色を挿し色に加え、「燦々と輝く太陽の下での南方への旅をイメージした室内空間」を表現してるとのこと。外装色として新設定されたプラチナクォーツメタリックも、近年のマツダ車にはない明るいベージュのような色が特徴です。

 マツダは、「いつもの運転が前向きな楽しい気持ちになれるクルマ」としており、ウェブサイトの商品ページでは女性がフィーチャーされています。

 また、運転支援機能として360度ビューモニターを標準設定したほか、スマートフォンのワイヤレス充電設備、Apple CarPlayのワイヤレス接続などをオプション設定しています。特別仕様車の価格は、税込196万9000円からです。

【了】

【挿し色がイイネ!】明るくなった内外装を写真でチェック

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント