JR西日本 新型の電気式気動車「DEC700形」導入 ハイブリッド車へ変更可能なシステム

新山口へ配置予定です!

将来に向けた検証などを実施

 JR西日本が2021年6月25日(金)、新型の電気式気動車「DEC700形」を導入すると発表しました。

 ディーゼルエンジンと発電機による電力を使い、モーターを駆動させて走る「電気式」の気動車で、バッテリーの搭載によるハイブリッド方式への変更も可能とのこと。

 導入の目的は、電車・気動車システムの共通化によるメンテナンス技術の向上、効率化、次世代車両への転換へ向けた各種技術検証の実施です。

Large 210625 dec700 01
新型の電気式気動車「DEC700形」(画像:JR西日本)。

 電車と気動車のシステム統合によってメンテナンスの効率化が期待できるほか、機械部品の削減で安全性や安定性も向上が期待できるといいます。

 また、従来の工法よりユニット化が進んでおり、運転台や機器室をユニットとして車両に組み込むことで、工期の短縮やコスト低減が期待できるとのこと。

 1両製造され、下関総合車両所新山口支所へ配置される予定です。

【了】

【画像】新型の電気式気動車「DEC700形」の全貌

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 残存のキハ40系列やキハ120の置き換え用途ですかね
    ほとんど平面で安価っぽそうですし

  2. 宇部・小野田線に投入して電化設備を撤去する含みですかね?
     BRT化さえ検討されたっていうくらいですから3扉でなくとも事足りるのでしょうし。