黒海で米軍機にロシア戦闘機がスクランブル P-8「ポセイドン」vs Su-30SM

英軍艦とロシア軍機のやりとりは記憶に新しいところ。

不測の事態を避けるため、あえての「エスコート」

 ロシア国防省は2021年7月7日(水)、黒海上空を飛行するアメリカ海軍のP-8「ポセイドン」哨戒機の護衛にSu-30SM戦闘機をつけたと発表しました。

Large 210708 blacksea 01

拡大画像

ロシア海軍航空隊のSu-30SM戦闘機。写真は同型機(画像:ロシア国防省)。

 これは7月6日(火)夕方に行われたもので、P-8「ポセイドン」が領空に近づいたため、ロシア黒海艦隊の海軍航空隊に所属するSu-30SM戦闘機2機をスクランブル発進させ、エスコートしたというもの。

 なお、P-8「ポセイドン」がロシア領空を侵犯することはなかったとしています。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント