史上初「金の鶴丸」JAL機出現! JALが本気デザインの五輪特別塗装機披露 次世代機A350に

「東京2020オリンピック・パラリンピック大会」を直前に控え、JALが3機目となる「東京2020大会」の特別塗装機をデビューさせます。今回は次世代フラッグシップであるエアバスA350-900が担当。デザインの特徴は、同社のトレードマークが初めて「金色」になったことです。

これまで2機が就航した「みんなのJAL2020ジェット」

 JAL(日本航空)が、2021年7月20日(火)から、特別塗装機「みんなのJAL2020ジェット」3号機の運航を開始します。23日(金)に開会式が行われる「東京2020オリンピック・パラリンピック大会」を直前に控え、「東京2020大会」のオフィシャルエアラインパートナーである同社が、その機運を高めるため就航させるものです。

Large 210720 06xj 01

拡大画像

JALの「みんなのJAL2020ジェット」3号機(2021年7月20日、乗りものニュース編集部撮影)。

 JALでは、これまで東京2020大会に向け、2機の特別塗装機をデビューさせました。2019年4月にボーイング777-200型機(機番:JA773J)が1号機となり(2021年3月末に退役済)。ついで2019年7月、ボーイング767-300ER型機(機番:JA601J)が2号機となりました。

 今回の3号機は、JALが導入を進めている国内線次世代フラッグシップ、エアバスA350-900(機番:JA06XJ)が担当します。当初の予定では、3号機は2020年春に就航する計画でしたが、新型コロナウイルス感染拡大にともなう大会延期により、導入延期に。開会式直前に合わせたデビューとなりました。

【ド派手や…】本気すぎる!JAL特別塗装機を写真でササっと解剖(20枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント