鼻先どうした!? コックピット2段構え 異形すぎる米空軍機なぜ作られた 実は発展の功労者

NC-131Hが開発に関わったメジャー機とは

 NC-131Hは1970年に初飛行に成功、「TIFS(Total In-Flight Simulator)」とも呼ばれました。

 TIFSとして最初に使われた研究プロジェクトはB-1「ランサー」爆撃機でした。B-1の飛行特性をシミュレートし、実機へとフィードバックするのに貢献。その実績から以後、X-40およびノースロップ「タシットブルー」といった技術実証機から、B-2爆撃機ならびにYF-23試作戦闘機などのステルス機、C-17大型輸送機、さらにはスペースシャトルまで含む、多くの空軍・NASA航空機の飛行特性をシミュレートしたといいます。

 ほかにも民間機の開発プロジェクトにおいて、ボーイングの超音速旅客機(SST)、マクドネル・ダグラスMD-12X大型旅客機、インドネシアのIPTN N-250双発旅客機などで研究開発に協力。さらに多くのテストパイロットを養成するのに用いられました。

Large 210720 nc131h 03

拡大画像

アメリカ空軍のNC-131H。真正面から見るとそれほど違和感を感じない(画像:アメリカ空軍)。

 ただ、前述したように、コンピューター・シミュレーションが発達し、フライトシミュレーターなどで代用できるようになったことから、NC-131Hの必要性が大幅に低下。結果、退役し2008(平成20)年11月7日にアメリカ空軍博物館へ移管されました。

 ジェットコースターなどでは、一番前の席はスリルを求める来場客に人気があるため、もしNC-131Hで遊覧飛行が可能ならば人気を博すかもしれません。

【了】

【マジで鼻から鼻が伸びてる…】米空軍の超異形機 内部どうなってる?

Writer: 柘植優介(乗りものライター)

子供のころから乗り物全般が好きで、車やバイクはもちろんのこと、鉄道や船、飛行機、はたまたロケットにいたるまですべてを愛す。とうぜんミリタリーも大好き。一時は自転車やランニングシューズにもはまっていた。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント