スターフライヤー機 まさかの「女満別経由」で米国へ退役フェリー… なぜ? 納得の理由を聞く

スターフライヤーで使用されていたエアバスA320型機「JA08MC」が、退役にともなうフェリーフライトのため、日本を離れました。北九州を離れた同機の経由地はなんと「女満別→アンカレッジ」。なぜ北海道、それも女満別なのでしょうか。理由を聞きました。

航続距離の理由から北海道経由に…

 北九州を拠点とする航空会社、スターフライヤーで使用されていたエアバスA320型機「JA08MC」が、2021年7月27日(火)、同社退役にともなうフェリーフライト(回航)のため、北九州空港を出発しました。最終目的地は米アリゾナ州のツーソン国際空港です。

 ただ、そこに至るまでの経由地に、普通の退役フェリーではあまりにも馴染みのない場所が設定されています。

Large 210727 08mc 01.

拡大画像

スターフライヤーから退役したエアバスA320「JA08MC」(画像:スターフライヤー)。

 通常、国内からアメリカへ向かう退役フェリーでは、日本の出発空港からそのまま国外に出て、アラスカ州アンカレッジなどに寄港、手続きを実施したのち、そこから最終目的地へと向かうのが大多数です。

 対し、JA08MCは、北九州空港からまず北海道の女満別空港を経由したのち、さらにアンカレッジを経て、ツーソンまで向かったのです。ちなみに、JA08MCが女満別空港に降り立ったのは、今回が初めてとのことです。

 スターフライヤーの広報担当者によると、北海道を経由したのは「機体の航続距離がおもな理由です」とのこと。同社公式ホームページによるとA320型機の航続距離は5500kmとしており、カタログスペック上では北九州空港~アンカレッジ空港間の直線距離、6180kmには届きません。ただ北海道には、設備や滑走路の整った新千歳空港があります。あえて女満別としたのはどういった理由からだったのでしょうか。

【塗装が現役と違う!】写真で追う退役フェリー&見れば納得「女満別空港」の位置

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント