14年ぶり新型「ランクル」トヨタが発売 孤高のタフ車進化「ランクル自身も生き残る」

トヨタの新型「ランドクルーザー」が登場。14年ぶりのフルモデルチェンジで「運転しやすく、疲れにくいクルマ」に進化しました。

従来の「ランクル」から200kg軽量化

 トヨタは2021年8月2日(月)、大型クロスカントリー車「ランドクルーザー」の新型(300系)を発売しました。フルモデルチェンジは14年ぶりです。

Large 210802 landcruiser 02

拡大画像

トヨタの新型「ランドクルーザー」(画像:トヨタ)。

 新型ランドクルーザーは、5人乗り2列シートと7人乗り3列シートを設定。

 搭載エンジンは、ともに新開発のV型6気筒ツインターボエンジン(3.3リッターディーゼル・3.5リッターガソリン)の2種類です。走行1kmあたりのCO2排出量は267~294gで、トヨタの試算によると、従来型と比較した車両使用時の年間CO2排出量は、グローバル台数分で約10%軽減できるといいます。WLTCモード燃費は9.7km/L~7.9km/Lです。

 サイズは全長4950~4985mm、全幅1980~1990mm、全高1925mm、ホイールベース2850mm。車体は、高いボディ剛性を維持しつつ、動力性能や環境性能向上につながる軽量化を図るため、ラダー(梯子型)フレームを刷新。TNGAプラットフォームの「GA-F」を採用したほか、ボンネット、ルーフ、全ドアパネルのアルミ化、高張力鋼板の採用拡大などにより、従来モデルと比べ約200kgの軽量化を実現しています。

【画像】新型「ランクル」の内外装をチェック(67枚)

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント