伝説の世界最大最強クラスSL「ビッグボーイ」2年ぶり運行へ デカさはダテじゃない! どんな機関車か

世界最大最強といわれる伝説の蒸気機関車、アメリカの4000形蒸気機関車。「ビッグボーイ」の愛称で知られる同車で唯一、動作可能な4014号機が2021年夏、2年ぶりに運転とのこと。どのようなSLなのか、どこを走るのか見てみます。

伝説の蒸気機関車「Big Boy」

 アメリカの大手鉄道会社であるユニオンパシフィック鉄道が、世界最大級の蒸気機関車「Big Boy(ビッグボーイ)」を久しぶりに運転させると発表しました。日本でも蒸気機関車、通称SLは今でも鉄道ファンの人気を集めていますが、アメリカ人にとってビッグボーイは別格の乗りもののようです。

 元来、アメリカではロッキー山脈越えや長距離貨物輸送を行う関係から、超大型の蒸気機関車が多数製造されてきたため、最大の蒸気機関車形式に関しては諸説あります。ただ、そのなかでも知名度と大きさにおいて最大最強との呼び声高いのが、ユニオンパシフィック鉄道で活躍していた超大型の4000形蒸気機関車、通称「ビッグボーイ」です。

Large 210730 bigboy 01

拡大画像

ネブラスカ州オマハで保存されているビッグボーイの4023号機。

 ビッグボーイこと4000形蒸気機関車が生まれたのは1940年代のこと。当時、大陸横断鉄道を運行するユニオンパシフィック鉄道では長大編成の貨物列車を多数運行しており、その総重量は3600tに達するほどでした。ロッキー山脈の一部に相当するユタ州の山地を通過するためには補機(補助機関車)を連結して重連運転を行っていましたが、その重連を省略し、運行効率とスピードアップを図るために、単機でけん引することを目的に設計されたのが4000形だったのです。

 4000形蒸気機関車は、炭水車まで含めると全長は40.47m、総重量は548tに達します。4軸の動輪を二組持ち、アメリカ式の記載法で4-8-8-4という軸配置が採用されました。

 これは、勾配区間の牽引力と高速走行時の安定性を両立させるための設計で、最高速度は130km/h。その巨体に似合わないほどの高速性能は、常用速度100km/h前後の運転の際にも余裕を持たせるためでした。

 なお速度65km/hにおける最大出力はおよそ6000馬力。これは日本最強の蒸気機関車であるD52の約3.5両分に匹敵します。

 ビッグボーイこと4000形蒸気機関車は、1941(昭和16)年と1944(昭和19)年に合計25両が製造され、1961(昭和36)年まで活躍しました。そのうち8両が米国各地の博物館などで保存されています。

 今回、走行するのは8両のなかで唯一、動態保存されている4014号機です。

【どんだけ~!】延々続く貨車を単機で引っ張るビッグボーイ

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント