日本唯一のレアパトカーから謎のバスまで 全国からご当地警察車 新国立競技場で警備に

東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴い、全国から警察官が集結し、会場周辺の警備に就いています。集結したのは警察官だけでなくパトカーも。なかには警視庁では見ることのできないレア車両もありました。

“万一”が起きないよう最大規模の警備態勢

 東京オリンピックの開幕を前に、2021年7月19日(月)、都内を中心として大規模な交通規制が始まりました。メイン会場となるオリンピックスタジアム(新国立競技場)周辺は、道路封鎖も含む厳重な警備態勢が敷かれています。

 警察庁の発表では、東京オリンピック・パラリンピックの警備に約6万人の警察官が従事するとのこと。これは過去最大規模の警備態勢だといいます。すでに東京には全国から応援の警察官が入っており、「大阪府警」を始めとして「○○県警察」と記されたパトカーが都心を走り回っています。

 国立競技場周辺だけを見ても、7月中旬時点で新潟県警や愛知県警、広島県警、山口県警、熊本県警などの警察官および警備車両を確認することができました。

Large 210719 patocar 01

拡大画像

広島県警のCX-5パトカー(2021年7月、乗りものニュース編集部撮影)。

 よく見かけたのは、事故処理車や誘導標識車などと呼ばれるタイプで、トヨタのハイエースや日産のキャラバンなどワンボックス車のルーフ上に赤色灯付きの電光掲示板を備えた車両です。これらは交差点などの要所に配置されていました。

 またバス車体がベースの大型輸送車も各所に停まり、警察官の待機所兼バリケードとして用いられていました。そのようななか、警視庁では使われていないレアパトカーを複数見つけることができました。

【写真で見る】パトカー以外にも“ご当地”警察車集結のオリンピックスタジアム周辺

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント