なぜ?着陸の難所「八丈島空港」の様子とは 広がる絶景 乗り心地もひと味違う!

伊豆諸島の南に位置する八丈島の空の玄関口「八丈島空港」は、空港両端が山に囲まれた特殊な立地が特徴です。実はここ、着陸に技術が求められる空港なのだとか。実際に客室から着陸を体験してきました。

東洋のハワイと呼ばれたことも

 東京都心から南へ約300kmに位置する八丈島は、伊豆諸島でも大島に次ぐ人口規模の島です。旅客機で羽田から1時間弱の距離でありながら、一年を通して気温の変化が小さく「かつては東洋のハワイと呼ばれ、観光客でにぎわった」(農林水産省)場所でもあります。

 八丈島は、南部に三原山、北部に八丈富士(西山)がそびえ、その中央に平野部が開けているという独特の地形が特徴です。平野部から少し八丈富士側のところに、同島の空の玄関口、八丈島空港があります。

Large 210817 hatijo 01

拡大画像

八丈島空港(2021年7月31日、乗りものニュース編集部撮影)。

 この空港の滑走路は、ほぼ東西方向に設置されており、たとえば西側から着陸する際には、客室左側に八丈小島と八丈富士、右側に三原山が望め、他の空港にはない絶景を味わえます。一方、この空港に降り立つパイロットにとっては、着陸操作に技術を求められる場所ともいえるでしょう。

 とあるパイロットは八丈島空港を「風の流れが非常に複雑で、風速は低くても気流が安定しない空港」と評します。これは先述したふたつの山が、滑走路の南北それぞれわずか3km前後にあるためだそうです。

【5秒で見る】八丈島空港の絶景着陸

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント