残念! F1日本グランプリ 2年連続で開催中止 鈴鹿サーキット

ホンダF1、日本での有終の美は儚く消えました。

F1JP、2年続けて新型コロナが直撃

 三重県にある鈴鹿サーキットを運営する株式会社モビリティランドは、2021年8月18日(水)、同地において行われる予定であったF1日本グランプリについて、開催を中止すると発表しました。

 説明では、F1日本グランプリを開催するために設定した期日までに、F1海外関係者の日本入国が確実な状況に至らなかったのが決断に至った理由とのこと。これは昨年来より続く新型コロナの感染拡大が大きく影響したとしており、今年のF1日本グランプリを開催するために、昨年末より膨大な時間をかけて取り組んできたもののハードルを越えることはできなかったようです。

Large 210705 hondaf1 01

拡大画像

レッドブル・レーシング・ホンダのフェルスタッペン選手のマシン(画像:ホンダ)。

 今回の開催中止について、モビリティランド代表取締役である田中 薫社長は「非常に苦しく、悔しく、残念。7年ぶりの日本人ドライバーである角田裕毅選手の凱旋や、Honda F1最後の雄姿をご覧いただきたいという強い思いを持って開催に向けて準備に取り組んでまいりました。2年連続でF1日本グランプリ開催中止という、きわめて悔しい決断となりましたが、我々はこの瞬間より来年のF1日本グランプリ開催に向けてスタートいたします」とコメントしています。

 またモビリティランドの親会社であるホンダで、モータースポーツを担当する渡辺康治ブランド・コミュニケーション本部長も、「昨年に続いてF1日本グランプリレースが中止になってしまいました。Honda F1にとっては最後のホーム鈴鹿で戦う姿を、楽しみにされていたファンの皆さまにお見せできなくなってしまったことを本当に無念に感じています。しかしながらF1の2021年シーズンはこれから佳境を迎えていきます。Honda F1の集大成となる今年の目標であるタイトル獲得に向けて最後まで全力で戦い抜きますので、応援よろしくお願いいたします」と述べています。

【了】

【数々の伝説が生まれた地】鈴鹿サーキット

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント