中央西線は9月中旬に全線復旧 飯田線は2区間で再開未定 バス代行23日から JR東海

飯田線では70㎞近い区間が再開未定となっています。

23日から一部除きバス代行輸送を開始

Large 210820 shiojiri 01
飯田線・宮木~辰野間の横川橋梁で発生した橋脚損傷(画像:JR東海)。

 JR東海は2021年8月20日(金)、大雨による影響をうけ一部区間で運休が続いている中央本線(中央西線 名古屋~塩尻間)および飯田線について、運転再開見込みを発表しました。

 中央西線では20日現在、南木曽~塩尻間が運休。運転再開見込みは、南木曽~上松間は9月中旬、上松~奈良井間は8月23日(月)、奈良井~塩尻間は8月末頃となっています。

 このうち、運転再開まで日数のかかる南木曽~上松間、奈良井~塩尻間については、8月23日からバス代行輸送が開始されます。これにより中央西線では23日から、代行バスと鉄道を乗り継ぐことで、全線で営業再開となります。

 飯田線では20日現在、天竜川沿いの山岳区間を含む大海~平岡間の65.9kmと、伊那松島~辰野間が運休。運転再開見込みは、大海~平岡間は未定(被害状況の調査中)、伊那松島~伊那新町間は8月23日、伊那新町~辰野間は未定(再開まで相当の時間)となっています。

 このうち、伊那新町~辰野間は23日からバス代行輸送が開始されます。なおこの代行バスは、25日までは岡谷まで運行される予定です。

 運転再開される区間や周辺区間でも、減便が行われる見込みです。

 11日から全国的に続いた大雨により、倉本~上松間では土砂流入や信号機器室の損傷が、木曽平沢~贄川間では土砂流入が、本長篠駅では線路設備の変状が、宮木~辰野間では橋りょうの橋脚等の損傷が発生。それぞれ、復旧まで日数を要する状況です。

【了】

【中央本線、飯田線の被災状況と運休区間】

最新記事

コメント