聞いたことある! 100年前来日のイギリス戦艦と今はなき有名アパレル企業との意外な関係

2021年9月、イギリス空母「クイーン・エリザベス」が横須賀に入港しましたが、今から1世紀ほど前にもイギリスの新鋭艦が来日しています。その名は「レナウン」。かつて一世を風靡した、今はなき有名アパレル企業との関係は。

1世紀前に来日したイギリス海軍の御召艦

 2021年9月4日、軍艦9隻で構成された空母打撃群「CSG21」の中心艦であるイギリス海軍の最新鋭空母「クイーン・エリザベス」が、アメリカ海軍横須賀基地に寄港しました。排水量約6万5000トンの同艦は、イギリス史上最大の軍艦で、母港はイングランド南部のポーツマス海軍基地。5月27日に同地を抜錨し、以来、訓練航海を続けて極東までやってきました。

 イギリス海軍の主力艦が日本に立ち寄るのは久しぶりのこと。空母に関しては、1997(平成9)年6月の「イラストリアス」以来です。

Large 210906 renown 01

拡大画像

第2次世界大戦中、イギリス南西部の要港プリマスに入る巡洋戦艦「レナウン」(帝国戦争博物館/IWM)。

 イギリスは、直線距離でも日本と1万km近く離れているため、アメリカと比べると来日した軍艦はそれほど多くありません。それでも江戸時代後期以降、たびたび姿を見せています。なかでも、今から約100年前の1922(大正11)年に来日したイギリス軍艦にはとても面白いエピソードがありました。

 当時のイギリス国王はジョージ5世。その長男で後年、アメリカ人の平民女性ウォリス・シンプソンと結婚するために国王就任後わずか325日で未戴冠のまま退位することになるエドワード8世が、プリンス・オブ・ウェールズ王太子(日本でいう皇太子)として来日したのです。

 この時、就役わずか6年ほどの新鋭巡洋戦艦「レナウン」が御召艦となり、エドワード8世を乗せて、1922(大正11)年4月12日に横浜へ到着しました。彼はVIPとして旧日本海軍の軍艦数隻を訪問し、また各地の風物に触れるなどして日本文化を堪能。約1か月後の5月9日夕刻、日本海海戦でロシア海軍バルチック艦隊を打ち破り世界に名を響かせた東郷平八郎元帥に見送られ、再び「レナウン」で離日しています。

【写真】就役直後と退役直前の「レナウン」を見比べ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント