「SL北びわこ号」が京都鉄道博物館で復活! 6日間限定 「SLスチーム号」が12系客車に

最終日はヘッドマークなしです。

5日間は日替わりでヘッドマーク取り付け

 京都鉄道博物館は、特別企画として館内で運行している「SLスチーム号」の客車を期間限定で12系客車2両に変更します。2021年5月にJR西日本が「SL北びわこ号」の運行終了を発表後、「もう一度、『SL北びわこ号』に会いたい」という声に応えるかたちで実施するものです。

Large 210908 kyoto 01
運行を終了した「SL北びわこ号」。12系客車を使用していた(1997年10月、恵 知仁撮影)。

 運行期間は2021年9月30日(木)から10月5日(火)までの6日間。午前11時から16時までのあいだで、概ね30分から60分に1本運行します。ヘッドマークは日替わりで異なるデザインのものを取り付けますが、最終日の10月5日(火)のみはヘッドマークの取り付けはありません。

 乗車料金は大人(高校生以上)300円、子ども(3歳~中学生)は100円。通常の「SLスチーム号」の乗車料金と同じです。

【了】

【画像】4種類の「SL北びわこ号」のヘッドマーク

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント