京成グループのバス16社 「バスの日」から路線バスにマスクを装着 メッセージ入り全10種

バスにもマスク!

メッセージは公募作品から選定

 京成バスをはじめとする京成グループのバス16社は、2021年9月20日(月・祝)の「バスの日」を記念して、「地域応援バスマスク」を路線バスの前面部に装着して運行します。

Large 210914 keisei 01
「地域応援バスマスク」を装着したバスのイメージ(画像:京成グループ)。

「地域応援バスマスク」は、バス各社が『コロナ禍で活躍する地域の方々への 「感謝」 と 「エール」 』 をテーマとするメッセージを公募。応募された作品全286件のなかから選考した10作品をプリントしたものです。

 京成グループでは、「バス事業への理解と親しみを深めていただく『バスの日(9/20)』の趣旨の下、バス事業者とお客様が連携し、長引くコロナ禍において活躍する方々を応援することで、沿線地域を盛り上げる目的で実施する」とのこと。

 京成バス、船橋新京成バス、松戸新京成バス、千葉交通、千葉中央バス、成田空港交通、千葉海浜交通、千葉内陸バス、東京ベイシティ交通、ちばフラワーバス、ちばレインボーバス、ちばシティバス、ちばグリーンバス、京成タウンバス、京成トランジットバス、京成バスシステムの路線バスに掲出します。

【了】

【画像】「地域応援バスマスク」全10種をサッと見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント