圧巻「240km/hで走る壁」 実際どれほど「Max」なのか? 違う名前だった可能性

営業運転を終了する、全車2階建て新幹線のE4系「Max」。その名の通りの巨体を誇っていますが、はたしてどれほど大きいのでしょうか。ただ実は「Max」ではなく、別の名前になっていた可能性もあります。

細長い顔×高い背=個性的

 2021年10月1日(金)で定期運行を終了する予定の、全車2階建て新幹線E4系「Max」。

 新幹線車両は、騒音や振動の元になるトンネル微気圧波を軽減するため、先頭車の鼻が長かったり、複雑な形状をしていたりしますが、E4系は全車2階建てで背が高いため、なかなかに個性的な顔になっています。

Large 210916 e4 01
E4系新幹線「Max」(画像:写真AC)。

 E4系のトータルデザインコンセプトは「BIG WAVE(雄大)」。外観デザインのキーワードは「ELASTIC(しなやか)」「WAVE MOTION(躍動、いきいき)」とのこと。なるほど、巨体で豪快でありながら空気の壁をいなして疾走していく、そんな先頭形状に思えてきます。

 そんな個性的な姿をつくり出している、E4系の背の高さ。どのくらいかというと、約4.5mもあります。

 ホームの高さは1.2mほど。よって、16両編成のE4系「Max」がホームに止まっていたとしたら、高さ約3.3mの壁が、およそ400mにもわたって連なっていることになります。まさに「Max」な、圧巻の光景です。

【写真】新幹線とは全然違う!? フランスの高速鉄道「TGV」2階建て車両の内部

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 愛称ですが、在来線に目を移すと、215系がDDL(Double Decker Liner)ですね