E4系新幹線「Max」全2階建てゆえの弱点―引退迫るなか始まった「新たな試み」

JR東日本の全車2階建て新幹線「Max」には、ある「弱点」があります。2021年10月1日の定期運行終了が迫るなか、その「弱点」に関係する新しい試みが、その車内で始まりました。

2階建て新幹線「Max」の「弱点」 改善はされたが…

 全車両が2階建てになったJR東日本の新幹線電車「E4系『Max』」が、2021年10月1日(金)で定期運行を終了する予定です。

 これにより、1985(昭和60)年に東海道・山陽新幹線の100系電車から始まった新幹線の2階建て車両が、ひとまず終わりを迎えることになります。

Large 210908 e4 01

拡大画像

E4系新幹線「Max」(画像:写真AC)。

 まもなく引退するこの2階建て新幹線「Max」には、ある“弱点”が存在します。

 最高速度が240km/hと遅いこと、荷物スペースが狭いことなどもありますが、車内販売も“弱点”のひとつ。全車両が2階建てで、各車両に階段があるため、ワゴン販売が容易ではないのです。

 このため初代「Max」(E1系)は、ワゴン販売が行えませんでした(かわりに車内自販機や売店などで対応)。

 E1系の3年後に登場した2代目「Max」E4系は、階段部分にワゴン昇降装置を設置。ワゴン販売を可能にしているのですが、専用の小ぶりなワゴンを使わねばならないという制約があります。

 歴代「Max」の悩みどころであった「車内販売」。その引退が間近に迫ったいま、E4系「Max」で新しい車内販売の試みが始まっています。

【写真】普段は見えない…E4系「Max」車内にあるワゴン専用エレベーター

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 車内販売をどんどんなくすこのご時世、
    維持出来る策を考えることは悪くないと思う。
    (ただ、スマートフォン持ってないと注文出来ないんでしたっけ)