ドイツ最新鋭戦車「レオパルト2A7V」連邦軍で運用スタート

計画では100両強を導入するみたいです。

最新戦車ながら新造はゼロ

 ドイツ連邦軍は2021年9月15日、新鋭戦車レオパルト2A7Vを実戦部隊に配備し、運用を開始したことを明らかにしました。最初に搬入されたのは、ドイツのほぼ中央に位置するテューリンゲン州バート・フランケンハウゼンに駐屯する第37装甲擲弾兵旅団第393戦車大隊です。

 レオパルト2A7Vは、ドイツが40年ほど前に開発したレオパルト2シリーズの最新型で、「V」とは改善を意味する略語とのこと。従来型と比べて防御力、機動力、火力などが大幅に向上しているのが特徴で、加えてエアコンや補助電源装置、新型のNBC(核兵器・生物兵器・化学兵器)防護装置、最新のネットワーク通信システム(C4I)なども搭載されています。また、エンジンとトランスミッションが一体化したパワーパックは新型に換装されており、これにより装備が増えても機動力は向上しているといいます。

Large 210917 leo2a7v 01

拡大画像

ドイツ陸軍第393戦車大隊で行われたレオパルト2A7V引き渡し式典の様子(画像:ドイツ連邦軍)。

 レオパルト2A7Vは、2019年10月下旬にメーカーであるKMW(クラウス・マッファイ・ヴェグマン)からドイツ連邦軍に対して初号車が引き渡されており、約2年にわたって実用試験が行われたのち、今回の部隊配備となりました。

 最初に第393戦車大隊に引き渡されたのは4両で、今年中に36両が部隊に納入される予定とのこと。さらに2022年初頭には8両が追加で配備される計画です。

 ドイツ連邦軍では2023年までに104両を導入する予定であり、ほかに隣国デンマークも2022年までに44両調達するとしています。なお両国とも、既存の旧式化した車体を改造する形を採るため、現時点ではレオパルト2A7Vに関して、新造される予定はないようです。

【了】

【写真】ドイツ最新戦車レオパルト2A7Vを様々なアングルから

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. ドイツ初の戦車である A7V の名前が入っているのは唯の偶然でしょうか?
    Leopard 2A7 に Verbesserung を加えた物なら
    Leopard 2A7A1 か単に Leopard 2A8 でも良さそな気がしますし。