2021年9月廃止のバス路線【西日本】「まじ」バス停がなくなる?マジで?

2021年9月に廃止される北陸から九州までの主なバス路線をまとめました。コロナ禍による収益の悪化で維持が難しくなったケースが多いなか、廃止にとどまらず将来的に持続可能な形へ交通網を改変するケースもいくつか見られます。

海の絶景路線が消滅【北陸】

 2021年9月をもって、多くのバス路線が廃止されます。今回は北陸から九州までの主なバス路線をまとめました。コロナ禍による収益の悪化で維持が難しくなったケースも多いものの、将来的に持続可能な形へ交通網を改変するケースも多くみられます。

●射水市コミュニティバス:ライトレール接続線(富山県)
・廃止区間:岩瀬浜駅~海王丸パーク
(9月26日〈日〉最終運行、10月1日〈金〉廃止)

 実証実験運行を経て2007(平成19)年から本格的に運行を開始したこの路線は、前年に開業しブームに沸く富山ライトレールの終点・岩瀬浜から、帆船「海王丸」の見学ができる海王丸パークに観光客を誘導するために開設されました。

 全長600m・高さ47mの「新湊大橋」で富山新港をひと跨ぎしながら眺める立山連峰の眺めは素晴らしいものがありましたが、途中区間の多くが富山地方鉄道(地鉄バス)射水線と競合するため、岩瀬浜駅から15分ほどの区間で途中下車ができない(バス停がない)など、その運行にはさまざまな制約が。コロナ禍後は、乗客数が全盛期の4分の1まで落ち込んだこともあり、岩瀬浜駅・岩瀬地区から海王丸パークへの連絡は途絶えることとなりました。

Large 210927 west 01
射水市コミュニティバスが経由していた新湊大橋(画像:写真AC)。

 この路線の廃止後に海王丸パークへ向かう手段としては、高岡市側からのバスや万葉線の路面電車(海王丸停留所)、観光定期路線バス「富山ぶりかにバス」などがあり、JR富山駅や高岡駅からであれば、移動手段に不足することはありません。

【バス通るの!?】廃止される中国山地の超狭隘区間(写真)

最新記事

コメント