真っ青! エミレーツ航空が超巨大旅客機「A380」にド派手な特別塗装 所要日数は?

「ドバイ万博」にあわせたものです。

2022年3月まで就航

 アラブ首長国連邦のドバイに本拠を構える航空会社、エミレーツ航空が、2021年10月から開催される「ドバイ万博」にあわせて特別塗装機を就航させると28日(火)に発表しました。

Large 01

拡大画像

エミレーツ航空「ドバイ万博」特別塗装機(画像:エミレーツ航空)。

 運航期間は2022年3月までで、同社のフラッグシップである総2階建ての巨大旅客機「エアバスA380」が担当。濃いブルーをベースデザインとし、胴体前方には「また会いましょう(See you there)」「ドバイ万博(DUBAIi EXPO)」のメッセージボードをもった同社のCA(客室乗務員)が描かれたデザインが特徴。A380としては初めてとなる胴体全面の特別塗装機です。

 この塗装は、エミレーツ航空の社内チームにより、設計段階から実施されました。塗装には11色の塗料が用いられており、実機の写真が公開されたA380「A6-EEU」の塗装作業の完了には、16日を要したとのことです。

【了】

【派手!】パット見エミレーツ感ない! 特別塗装機左右全景

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. ありがとうございます。やっぱりドバイはすごいですね。さすがに世界一安全かつ平和で裕福な国(地域)だけありますからね。自分もいつかは行ってみたいです。