東武特急スペーシア「JR八王子乗り入れ」再び 鬼怒川温泉発着 冬の臨時列車で

スペーシアのJR乗り入れはもう15年が経ちます。

特急「スペーシア八王子きぬ」

 JR東日本は2021年10月15日(金)、今年度冬シーズンに運行する臨時列車の概要を発表しました。そのひとつとして、東武鉄道の100系「スペーシア」を活用した特急列車が設定されています。

Large 211015 spacia 01
東武特急スペーシア(画像:東武鉄道)。

 列車名は「スペーシア八王子きぬ」。運行区間は八王子~鬼怒川温泉間で、2022年1月29日に八王子発が、30日に鬼怒川温泉発が運行されます。全車指定席です。

「スペーシア」のJR線乗り入れは、2006(平成18)年から始まり、15年が経ちます。ふだんはJR新宿駅から宇都宮線を経て、栗橋駅から東武日光線へ乗り入れるルートで運行されていますが、これまで臨時列車として別ルートで運行されたこともあります。

 2019年のゴールデンウイークには、今回と同様に八王子駅発着の「スペーシア八王子日光号」が運行。このときは新宿駅を通らず武蔵野線を経由するルートでした。

【了】

【八王子~鬼怒川温泉】臨時「スペーシア」の概要ほか

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント