九州に新D&S列車「ふたつ星4047」登場 2022年秋 長崎~武雄温泉間を2ルートで往復

車両にはキハ40形とキハ47形が使われます。

午前発と午後発とで運行ルートが異なる

Large 211025 hutatsubosi 01

拡大画像

JR九州のキハ47形ディーゼルカー。写真はイメージ(2014年2月、草町義和撮影)。

 JR九州が翌2022年秋、西九州新幹線の開業にあわせて新しい「D&S列車」を運行します。「D&S」は「デザイン&ストーリー」を意味し、ほかに特急「ゆふいんの森」や「A列車で行こう」、「指宿のたまて箱」などがあります。

 新しい列車の名称は、「ふたつ星4047」(ふたつぼし よんまるよんなな)。土休日を中心に、特急として長崎~武雄温泉間を1日1往復します。なお、往路と復路とでルートが異なり、午前発が長崎本線経由、午後発が大村線経由です。長崎~諫早間は旧線を通ります。車両にはキハ40形ディーゼルカーとキハ47形ディーゼルカーが使われます。

 列車のコンセプトは「西九州の海めぐり列車」。沿線に広がる有明海や大村湾の変化に富んだ「海」の“車窓”と、「海」がもたらした“地域のおいしいもの”が楽しめるといいます。

 主な区間の値段は、武雄温泉~長崎間が4180円、肥前山口~長崎間が3410円など。全車指定席です。

【了】

【地図】「ふたつ星4047」の運行ルート

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. ありがとうございます。またもや西側のJR(西日本、四国、九州の各社※なお今回は九州)お得意の国鉄型車両の改造車両での運行となりますね。「4047」の意味が最初は分からなかったのですが、全く単純で車両名の40系と47系の意味だったのですね。来年の西九州新幹線の開業と共に楽しみですね。

  2. また40系なの?
    特急料金取っているなら、せめてコイルばね台車はやめてくれ。