「ねこの目」みたいなJR九州の特急に乗ってみた 車内も「ねこの目」のように変化

顔が「ねこの目」のようにも見えるJR九州の特急「36ぷらす3」。その内容も、まるで「ねこの目」のよう。実際に体験してきました。「39周目」を記念するイベントやプレゼントも行われます。

2020年10月に登場した新しい観光列車

 2021年7月12日(月)、その特急列車が上部構造物のため暗くなっている博多駅ホームへ入線してきたとき、「ねこの目」が光っているように見えました。そのヘッドライト部分が。

Large 210716 363 01

拡大画像

博多駅へ入線してきた特急「36ぷらす3」(2021年7月12日、恵 知仁撮影)。

 JR九州が、九州の魅力を伝えるべく、その各県を巡るように運行している「D&S列車(観光列車)」、特急「36ぷらす3」です。

 この特急「36ぷらす3」には2020年10月の運行開始以降、約1万人が乗車。JR九州によると、2021年7月1日時点での予約率は50%だそうで、コロナ禍のなか、健闘している観光列車です。特に木曜日の「鮨プラン」が人気で、ほぼ完売といいます。

 さて「ねこの目のよう」というと、様子が素早く変化する、変化しやすいことを意味しますが、そんな目をした特急「36ぷらす3」の車内に入ると、2020年10月のデビューから1年たたず、早くも変わっていたことがありました。

【写真】JR各社のうち「JR九州だけ」サイズ感が劇的に違うもの 駅などにあります

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント