タブレット交換に貨物側線通過も! 12系客車の夜行急行、1泊2日で秩父鉄道を走る

列車は「三峰53号」です。

参加者には記念硬券も贈呈

Large 210916 eiden 01

拡大画像

夜行急行「三峰53号」(加藤篤史撮影)。

 日本旅行は2021年12月11日(土)から翌12日(日)にかけて、ツアー「重連電機・12系客車 夜行急行『三峰53号』熊谷・永田行の旅」を開催します。

 秩父鉄道の全線を走破するほか、撮影会や模擬タブレットの交換、さらに武川、武州原谷の各駅では旅客列車としては珍しく貨物側線を通過します。列車は熊谷~羽生間および翌日の熊谷~永田間はプッシュプルで、熊谷~三峰口間は前部重連で運行。ヘッドマークを2種類掲出します。行程は次の通りです。

21:52熊谷→22:29 羽生 23:11→23:22 武州荒木 23:38→(日付変更)→0:02 熊谷 0:25→1:30長瀞「ミニ撮影会」1:45→2:44三峰口「撮影会」3:38→5:31 熊谷 5:50→6:37永田

 旅行代金は1人あたり、基本プランで1万2500円(1万1500円)、2席占有プランで1万8500円(1万7500円)、1ボックス占有プランで3万5500円(3万4500円)(カッコ内は子ども料金)。最少催行人数は120人です。参加者には記念硬券が贈呈されます。ツアーの発売は2021年10月29日(金)15時から、日本旅行 大阪法人営業統括部のウェブサイトなどで開始されます。

 なお新型コロナウイルス感染防止策として、参加にあたり健康申告書の提出や、検温、消毒が適宜行われます。

【了】

【写真】12系客車の車内 夜行急行「三峰53号」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント