初の来日 航空自衛隊の新型機「KC-46A空中給油・輸送機」米子に到着

民間機として到着したため、日の丸は覆い隠されていました。

山陰のホームグラウンドに昼過ぎ到着

 鳥取県の境港市と米子市にまたがる航空自衛隊美保基地に2021年10月29日(金)、新型機「KC-46A」が到着しました。

Large 211029 kc46 01

拡大画像

アメリカ本土で訓練中の航空自衛隊向けKC-46A空中給油・輸送機(画像:ボーイング)。

 KC-46Aは航空自衛隊が導入を進める新たな空中給油・輸送機で、2017(平成27)年度予算で1機分の調達費用を計上したのを皮切りに、2020年度までに計6機の調達を決めています。

 今回、美保基地に到着したのは、この2017(平成27)年度予算に計上されていた初号機で、2021年2月9日にアメリカ本土で初飛行に成功しています。また航空自衛隊も、今回の1号機の日本到着に先立ち、2020年12月15日に同機を運用する部隊として第405飛行隊を新編しています。

 防衛省の配備スケジュールによると、今年度(2021年度)中に2号機も到着し、この2機を用いて日本国内での訓練を開始する計画です。残る4機については2023年度に2機が、そして2024年度以降に残る2機が到着する予定となっています。

 なお、今回の美保基地へのKC-46A初飛来に伴い、防衛省中国四国防衛局では同機に関する騒音測定を基地周辺で行っています。

【了】

【KC-46の準同型機】米子に来たボーイング767&KC-767空中給油・輸送機

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント