就航10周年! ボーイング787はどんな機体? ANA「ミスター787機長」に聞く“スゴさ”とは

ANAが世界に先駆け発注した旅客機「ボーイング787」が、就航10周年を迎えました。これを記念し同社では「記念フライト」を実施。この便を担当した機長、タダモノではありません。同氏にコクピットからみた787について聞きました。

初代訓練部長&初号機の空輸も

 ANA(全日空)の主力機のひとつ「ボーイング787」が、まもなく就航から10周年を迎えます。ANAは、ボーイング787のローンチカスタマー(初期発注者)として、2004(平成16)年に世界で初めてこのモデルを発注しました。初の有償フライトもANAで、定期便就航を直前に控えた2011(平成23)年10月26日のチャーター便でした。

 2021年10月1日時点で、ANAは76機の787を保有(787-8:36機、787-9:38機、787-10:2機)しています。そして、いまや世界的にみても、787は多くの航空会社で主力級の活躍をしている旅客機であることは、広く知られてるところです。

Large 01

拡大画像

「10周年記念フライト」となった31日広島行きNH679便。導入2号機「JA802A」が使用された(2021年10月31日、乗りものニュース編集部撮影)。

 この「ボーイング787」はどのような旅客機なのでしょうか。ANAが10月31日(日)、2011年11月1日の定期便運航初日と同じ羽田~岡山線、広島線の計4便で、「10周年記念フライト」を実施しました。出発地の羽田空港では、イベントが実施されました。

 このとき広島行きNH679便を運航した早川秀昭機長が取材に対応。同機を「性能が抜群によく、世界ナンバーワンの安全性をもち、快適も非常に高いと思います。乗務できて幸せです」と紹介します。

 この早川機長、“タダモノ”ではありません。同氏は初代訓練センターB787訓練部部長を務め、初号機「JA801A」のシアトルからの空輸も担当した“787の安全運航のエキスパート”“ミスター787の機長”ともいえる人物です。

ANAの787初号機「JA801A」&導入当初の“鯖”塗装など(20枚)

最新記事

コメント