東武の新型特急「N100系」日立が受注 スペーシア後継 個室も継承

ついに代替わり!

日立笠戸事業所で製造

 日立製作所は2021年11月11日、東武鉄道の新型特急車両「N100系」を受注したと発表しました。

Large 211111 tobu 01
東武の新型特急「N100系」のイメージ(画像:日立製作所)。

 1990(平成2)年から日光線の特急として運用されてきた100系「スペーシア」の後継です。「日本有数の観光地である日光・鬼怒川エリアへの輸送の中心的役割を担ってきた100系スペーシアの認知度・イメージを維持・継承した東武鉄道の新たなフラグシップ特急」とされています。

 車両デザインは、現スペーシアの形状を現代に進化させ、「日光や江戸の要素を取り入れたカラーリングやデザイン」を採用するといいます。スペーシアの特徴である個室を継承するほか、ラウンジやカフェカウンタ―を新たに設置するということです。

 6両固定編成で24両の導入を予定。1編成あたり全212席です。日立が開発したアルミ製標準型車両「A-train」コンセプトにより、山口県下松市の笠戸事業所で製造されます。デビューは2023年の予定です。

【了】

【画像】新型「N100系」詳細

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. えっ、カフェカウンター ?
    個室よりも、、、車販スペース存続のほうがビックニュースなんじゃないかな

  2. えっ……どこかで見なかったか?このデザイン。

    • 近鉄8000系やE261系と似てるかなと感じます
      フロントの窓割は少し四季島っぽさもある気が